履歴の概要

ING。ジャン・ムレーデック、CSC。それは(2013年10月26日から)南地域の下院のチェコの経済学者やメンバーです。2017年2月28日に、彼は(2014年1月29日以降)産業とチェコ共和国の貿易大臣を務めていました。2014年2月15にFONTES RERUM、経済、政治、社会研究のための協同組合の委員長でした。

ドラーホフ及びヴェセリー・ナド・ルジニツィーの小学校を来校した。1975年~1979年はソビェスラブのギムナジウムを卒業した。その後プラハの経済大学を(1979年~1983年)卒業し、カレル大学の数学・物理学部(1987年~1989年)に2年間入った。チェコスロバキア科学アカデミーの予測研究所の大学院教育課程を1990年に完了した。義務兵役は1983年~1984年にリトミェジツェの第91代目のポンツーン連隊で行われた。80年代の後半は、ヴァルトル・コマーレク教授の主導でチェコスロバキア科学アカデミーの予測研究所にて社員及び内部研究科生を務めた。1993年~1998年はプラハ・ブダペストの中欧大学と協業し、共産主義後の中・東欧国の変換及び民営化について研究を行った。国内或いは外国にて複数の専門出版物を出した。2回ほど次官を務めた:初めては1991年~1992年にチェコスロバキア連邦の経済省であり、第2回目はチェコ共和国の財務省であった(1999年~2001年)。財務省次官としてワシントンの国際通貨基金(IMF)にてチェコ共和国を代表した。2002年6月~2005年12月はチェコ社会民主党(CSSD)の下院議員であった。南ボヘミアの下院議員としてターボル州とチェスキー・クルムロフ州を担当していた。2005年~2006年はチェコ社会民主党(CSSD)の農業大臣を務めた。チェコ社会民主党(CSSD)においては国民経済委員長として働いている。更に、2008年~2009年はチェコ社会民主党と提携したマサリクの労働者アカデミーの学長であった。1995年からはチェコ社会民主党(CSSD)の政党員になった。その前に、1987年~1989年はチェコ共産党(KSC)の政党員であった。2009年の上期は「プラーヴォ・ソリダリタ・インフォルマツェの市民機関」(権利・連帯責任・情報)の役員議長としてリテラールニー・ノヴィン二という文学新聞を出版した。2014年1月27日まではチェコ郵便局という公企業の管理委員会の副議長を務めた。

ヤン・ムラーデク(1960年6月1日にインドジフーフ・ホラデツで生まれた)は英語、ロシア語とポーランド語が話せる。マリエ夫人と子供5人を育っている。出身は南ボヘミアのドラーホフである。

eメール:

下院事務所

住所 Poslanecká kancelář - Ing. Jan Mládek, CSc.
Vančurova 2904
390 01 Tábor
チェコ共和国
場所 南ボヘミア大学、1階
電話番号 +420 381 255 870
秘書の事務所 Ing. Jan Babor
電話番号 +420 602 484 046
営業時間 月曜日 9:30 ~ 12:30
火曜日 9:30 ~ 12:30
水曜日 9:30 ~ 12:30 と 13:30 ~ 15:00
木曜日 9:30 ~ 12:30 と 13:30 ~ 15:00
金曜日 9:30 ~ 12:30 と 13:30 ~ 15:00